健康診断対策やダイエットにはシボヘールで脂肪量減少

 

痩せにくい体は褐色脂肪細胞の減少が原因

若い頃はダイエットに成功しても、年齢を重ねるに従って痩せにくくなる人は多いでしょう。その理由は、新陳代謝が低下して脂肪の分解や燃焼を行う機能が衰えるからです。脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞は脂質の貯蔵庫として機能します。飲食物から摂取したカロリーは白色脂肪細胞に蓄えられ、体に必要なカロリーが不足するとエネルギー源として利用されます。

一方褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞に溜め込まれた脂肪を燃やす働きがあります。褐色脂肪細胞が正常に働いていると脂肪が燃えやすくなり、痩せやすくなります。しかし年齢とともにその量が低下していき、50代の褐色脂肪細胞量は20代の5分の1にまで落ち込みます。

 

シボヘールは脂肪対策の機能性表示食品

脂肪の分解と燃焼を促す「シボヘール」は、ダイエット効果のある機能性表示食品として注目を集めています。機能性表示食品とは研究によって科学的根拠が証明され、機能や安全性が消費者庁に届け出されている食品のことで、いわゆる健康サプリとは異なり信頼性が高いという特徴があります。

シボヘールの有効成分である葛の花由来イソフラボンは脂肪の合成を抑え、分解と燃焼を促進させるという作用があり、脂肪減少をトータルでサポートします。効果的な飲み方は、1日4粒を一度に飲むことです。確実に効果が現れるまで、ある程度の期間続けることをお勧めします。健康診断で中性脂肪が多かった方、ウエストラインが気になる方は、シボヘールを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です