トクホと機能性食品シボヘールの違い

 

トクホ(特定保健用食品)とは何か

トクホ(1991年施行)は特定保健用食品の略語です。消費者庁許可を受け、許された保健効果を表示出来る食品を指します。消費者庁に科学的根拠となるデータを示し、有効性や安全性の審査を受けて、特定の保健の効果が科学的に証明されたものに限り消費者庁長官の許可が下り、消費者庁許可のマークが付けられます。

効果は食品に必ず表示されています。健康が気になる方を対象とする食品で、医薬品とは異なりますので病気治療のためではありません。

一方、シボヘールは機能性食品です。脂肪を減らす効果があることが科学的に証明されています。ではトクホとは、どう違うのでしょうか?

 

機能性食品とは、シボヘールの科学的効果

シボヘールのような機能性食品(2015年施行)は国の審査がありませんが、事業者(企業・団体)の責任で消費者庁に最終製品による人での試験または文献や論文引用などの科学的に根拠を示す必要があり、事業者が情報を公開することが義務付けられています。

消費者庁許可のマークはありません。機能性食品は、整腸効果・脂肪吸収する効果などの特定の保健目的が期待できる(健康の維持及び増進)食品で、その機能性を表示することができます。両者の違いは消費者庁長官マークがあるかどうかですが、どちらも保健効果がある事を表示できます。両者以外は保健効果を表示することは出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です